カーロ・フォレスタ 三浦海岸アレーナに行ってきました

カーロ・フォレスタ 三浦海岸アレーナにペットを連れて行ってきた体験を元に、宿の魅力や評価をまとめてみました。

カーロ・フォレスタ 三浦海岸アレーナの基本情報

カーロ・フォレスタ 三浦海岸アレーナ
[ペット同伴]
全室ペット同伴可


[宿泊経験]
2017年に2泊で行ってきました

「三浦海岸アレーナ」ってどんなとこ?

三浦海岸アレーナ 外観
三浦半島はゴールデンウィークでも高速道路が混雑しない穴場スポットという噂を耳にし、 今年のGWは、こちらのカーロ・グループの宿「カーロフォレスタ三浦海岸アレーナ」に行ってきました。

ちなみに、、 1日目は「スタンダードのお部屋」、2泊目は「スイートルーム」にしてみました。

スタンダードのお部屋はどんな感じ?

三浦海岸アレーナ 部屋
スタンダードのお部屋は、清潔感があり、窓からは海が見え、コンパクトながら狭さを感じないお部屋です。

三浦海岸アレーナ 部屋
素敵なお部屋かというとそこまででもないかなという印象ですが、観光で出かける時間も多く、部屋にいることは少ないことを考えると別に問題ないかなと思います。むしろ、このお部屋で、朝夕2食付き、トップシーズン価格で1泊2名で4.0万円は結構コスパがよいと思います。

三浦海岸アレーナ 海岸
宿から少し行くと、すぐに海辺に出られます。ロングリードやライフジャケットの貸出もありました。ちなみに宿にはプールもありました。

食事は?

三浦海岸アレーナ 夕食
食事の場所はこんな感じ。洗濯カゴ?(笑) レジーナリゾートだと、ワンコカートとか用意していれくれたりするので、最初は洗濯カゴにテンション下がりましたが、カゴに手をかけるワンコが可愛かったので、途中からは気にならなくなりました。

三浦海岸アレーナ 夕食
三浦海岸アレーナ 夕食
料理は三浦野菜を活かした「やさいのしゃぶしゃぶ」が印象的でした。肉なしのしゃぶしゃぶ?って最初思いましたが、思いのほかこれ美味しかったです。料理は総じておいしく評判通りでした。

三浦海岸アレーナ 朝食
朝食はこんな感じ。お魚がおいしかったです。

スイートルームは?

2日目はこちらのスイートルームです。三浦海岸アレーナ スイートルーム
スタンダードルームとだいぶ違います。2.5倍くらいの広さがあります。洗面所も広いですし、お風呂も付いています。

三浦海岸アレーナ スイートルーム
全体的に、スタンダードルームよりも部屋が綺麗というか、新しい感じです。調度品もオシャレですし、宿でゆったりしたい方には、絶対こっちがおすすめです。

2日目の夕食は?

2日目は素泊まりにして、夕食は外食にしました。向かったのは車で30分程のところにある「かねよ食堂」。カーナビに従って到着したのがこちら。かねよ食堂
ここであっているのかと不安になりましたが、裏に回ってみると・・・。

かねよ食堂
こんな感じ。漁師小屋を改築した、異国感漂う、素敵なカフェ。店内もすごくおしゃれな雰囲気です。テラス席は砂浜になっていて、その向こうには海辺があります。

かねよ食堂
↑テラスから見える景色はこんな感じです。

かねよ食堂
店内もペットOK。ペット連れは私たちだけで、他はカップルが多かったです。メニューも豊富でどれもおいしかったです。とくに地魚のフリットがお薦めです。

駐車スペースに限りがあるので、予約はしていった方がよいと思います。(私は2週間前に予約していきました)

お風呂はどう?

宿には大浴場が2つあり、貸切で利用する形になっています。外に行くとなると「マホロバマインズ三浦」か「スパッソ」があります。

マホロバマインズ三浦」は宿から車で5分くらいのところにあるホテルの温泉で900円で利用でき、ファミリー向けのホテルのような感じの雰囲気でした。泉質はよい方だと思います。スパッソ
スパッソ」は、横須賀美術館のすぐそばになるスパです。こちらは1900円くらいだったと思います。金額が高いこともあってか比較的空いていて、のんびりできました。こちらは露天風呂もあります。方向的には「かねよ食堂」と同じ方面なので、夕食後に立ち寄るのもありかと思います。私は、「観音崎公園」の散策の後に立ち寄りました(山道で汗だくになったので)。

観光スポットは?

観光スポットも少し紹介いたします。

京急油壺マリンパーク

京急油壺マリンパーク
三浦半島の一番の目玉スポットがこちらのペットと一緒に入れる水族館「京急油壺マリンパーク」。入園時に誓約書と予防注射済票を提示し、ペット用の入園料を払って入園します。

京急油壺マリンパーク
愛犬と一緒にイルカを見たり、

京急油壺マリンパーク
ペンギンを見たり、

京急油壺マリンパーク
カワウソを見たり、愛犬と一緒に楽しむことができます。

ペット連れの方は結構多かったです。

京急油壺マリンパーク
園内にはテラス席がたくさんある食堂もあります(味は普通なので、ランチなら城ヶ島の方がおすすめです)。

城ヶ島

城ヶ島公園
三浦半島最南端、城ヶ島にある県立公園。広々として気持ちの良い園内をペットと散歩ができます。

城ヶ島公園
岩礁に立つ白い灯台がとても印象的でした。

かねあ
城ヶ島には磯料理店が集まっている商店街があり、ペットと一緒に食事ができるお店が2軒あります。「濱田屋」と「魚のかねあ」どちらにしようか迷いましたが、旅の雰囲気が味わえそうな「かねあ」にしてみました。

11:30頃着いたのですが、3つある外のテーブル席は既にペット連れでない人たちで満席でした。お店の人に話かけてみると、もう1つテーブルを出してくれました。

↓こちらがメニュー。かねあ
↓こちらが刺身定食(上)。これ正解!かねあ
↓こちらがネギトロ丼。かねあ
↓地ダコの刺身もプリプリしていておいしかったです!かねあ
磯料理店「魚のかねあ」にしてよかったです。お薦めです!

ちなみに、クレジットカードが使えないので要注意。

三崎港

有魚亭
三崎マグロで有名な三崎港には店内ペットOKのお店「有魚亭」があります。壁には来店したワンちゃん、ねこちゃんの写真が所狭しと張られています。

有魚亭
女将さんお薦めのマグロの頭の身(ハチの身)の入った三色丼を美味かった~。こちらのお店、美味しいですし、おかみさんがマグロを湯がいたおやつをくれて、ワンコをかまってくれますし、ペット連れでも安心して入れるお店としてお薦めです。お店の駐車場があるので空いているか電話してから来店するとよいです。

猿島

猿島
猿島は、東京湾に浮かぶ無人島であり、かつては砲台が置かれ、一般人の立ち入りが禁止されていた「要塞の島」。ペット同伴では上陸ができないため、宿(三浦海岸ARENA)にペットを預け訪問。

猿島
猿島
島内には、隙間なくびっしりと積まれた石壁やレンガ造りのトンネルがいくつも続く、神秘的な要塞跡があり、不思議な雰囲気を体験することができる(1周約40分程)。

観音崎公園

観音崎公園
観音崎公園
観音崎公園は、海辺でBBQや磯遊びを楽しむ人が多い公園であるが、高台に上る山道を進むと、砲台跡やトンネルなどの要塞跡があり、猿島に行かなくて遺跡のような雰囲気を体験することができます。山道がハードなこともあってか砲台跡には人影が少なく、他の人がいなくなると、時間が止まったかのような不思議な感覚になります。ペット同伴で散策できます。

アクアマーレ

アクアマーレ
アクアマーレ
アクアマーレ
観音崎公園近くにある「横須賀美術館」に併設のカフェレストラン。テラス席はペットOK。テラス席の目の前には芝生の広場と海が広がりとても気持ちがよかったです。予約なしで行ったら50分ほど待つことになりました。。

総評

「三浦海岸アレーナ」いかがでしたでしょうか?

水族館、磯料理、三崎マグロ、オシャレなカフェ、歴史遺産など他にはないペットと楽しめる観光スポットが満載の三浦半島。

そんな三浦半島のこちらの宿は、「レベル的」にも「立地的」にもとてもお薦めの宿です。葉山の方にもオシャレな宿があるのでそちらと組み合わせても面白いかも。

三浦半島の犬連れ観光スポットをまとめた便利なマップはこちら



ペット旅行 おすすめ記事