淡路島 島花 ドッグフレンドリーヴィラに行ってきました

淡路島 島花 ドッグフレンドリーヴィラにペットを連れて行ってきた体験を元に、宿の魅力や評価をまとめてみました。

淡路島 島花 ドッグフレンドリーヴィラの基本情報

淡路島 島花 ドッグフレンドリーヴィラ
[ペット同伴]
ペット同伴可


[宿泊経験]
2017年に1泊で行ってきました

海のホテル 島花「ドッグフレンドリーヴィラ」へ

淡路島の洲本温泉「海のホテル 島花」に、ラグジュアリースイート「ドッグフレンドリーヴィラ」が新規オープンしたとのこと。ちょうど関西方面への旅行を計画中だったので、今回はこちらの宿を予約をしてみることにしました。

↓こちらが「ドッグフレンドリーヴィラ」島花 ドッグフレンドリーヴィラ
「海のホテル 島花」本館には元々ペットと泊まれる客室が5つあるのですが、「ドッグフレンドリーヴィラ」は、本館の向かい側に建てられた別棟の客室となっています。

「ドッグフレンドリーヴィラ」には151平米の客室と96平米の客室があります。今回は96㎡の客室に泊まりました。

↓こちらが入口島花 ドッグフレンドリーヴィラ

↓扉を開けるとこんな感じ島花 ドッグフレンドリーヴィラ
かなりゆとりのある玄関となっています

お部屋はどんな感じ?

↓こちらがリビング島花 ドッグフレンドリーヴィラ

↓和室もあります島花 ドッグフレンドリーヴィラ

↓こちらが寝室島花 ドッグフレンドリーヴィラ
寝具もいい感じで、ぐっすり眠れました。ちなみに、和室にも布団が3つあるので、最大5名まで泊まれるようになっています。

↓こちらがテラス島花 ドッグフレンドリーヴィラ

↓テラス側から見るとこんな感じ島花 ドッグフレンドリーヴィラ


お部屋の印象は?

これまでに泊まって来た宿と比べた客室の第一印象は、すごく綺麗でオシャレだけど、テンションが上がるような、驚きがある客室という程ではないなぁという印象ものでした。

しかし、時間が経つにつれその印象は覆り、この客室の魅力にどんどん引き込まれていきました。

島花 ドッグフレンドリーヴィラ
まずこのリビングですが、自然と家族がここに集まり、ワンコも交えみんなで会話したり、リラックスできる空間になっています。

テラスもあり、窓もワイドスパンなので、開放感があるのと、テラスの先には樹木が植えられ、夜にはライトアップもされて、一段とイイ感じの雰囲気になります。

島花 ドッグフレンドリーヴィラ
さらに気づくのは高い天井。しかも古民家で見かけるような太い木材が多数使われています。この辺りからも、この客室のデザインにかけたこだわりや思いというものが感じられるます。

あと、リビングと玄関やバスルームをつなぐ廊下はウォークインクローゼットになっていて、ここもすごく使い勝手がよく関心しました。本当に細部までよく考え、造られています。

お風呂は?

↓こちらがバスルーム島花 ドッグフレンドリーヴィラ
かなり気持ちがよかったです。

島花 ドッグフレンドリーヴィラ
シャワールームもオシャレです。

夕食は?

夕食は本館のレストランになります。ペットの同伴はできません。雰囲気はやや大衆的。

島花「ドッグフレンドリーヴィラ」の満足度は?

島花 ドッグフレンドリーヴィラ
島花「ドッグフレンドリーヴィラ」のレポートいかがだったでしょうか?

泊まってみての家族からの感想は、「もっとここに泊まってたい」「帰りたくない」でした。満足度は高い宿だと言えます。

色んなラグジュアリーホテルに泊まってきましたが、客室のすばらしさは私がこれまで泊まった宿の中でもNo.1だった「四季の蔵アジト」と比べても同等かそれ以上の満足度です。

本館の雰囲気や夕食、周辺の観光スポットでの加点がないのが残念ではありますが、それを補うだけの客室の魅力が十分にあると言えます。

1泊2食付きで2名で10万円の価値は十分にあります。このレベルのペットと泊まれる客室は日本中を探してもなかなかありません。お薦めできる満足度の高い宿です。



ペット旅行 おすすめ記事