星野リゾート 界 鬼怒川に行ってきました

星野リゾート 界 鬼怒川にペットを連れて行ってきた体験を元に、宿の魅力や評価をまとめてみました。

星野リゾート 界 鬼怒川の基本情報

星野リゾート 界 鬼怒川
ペットと泊まれ客室が1部屋ある。客室の広さは40㎡、テラスに温泉露天風呂を備え、47㎡の広々とした芝生のドッグランも客室に併設。日光東照宮まで車で60分。

[ペット同伴]
ペットと泊まれる部屋が1つあり

[宿泊経験]
あり(2017年に1泊で行ってきました)

「星野リゾート 界 鬼怒川」へ

たまには電車での旅行をしてみようかと思い、今回は浅草から東武鉄道「特急スペーシア」を予約。特急スペーシア
ちなみに行きも帰りも全席指定の座席は満席。私は2週間前に浅草駅の窓口で事前購入(WEBだと空席なしになってたのに窓口に行ってみたら買えました)。

スペーシアに乗って2時間程で鬼怒川温泉駅に到着。鬼怒川温泉駅
駅からタクシーで5分程行くと「界 鬼怒川」に到着する。界 鬼怒川
界 鬼怒川 ケーブルカー
ここからさらにケーブルカーのようなものに乗り、高台にあるフロントへ行く仕組みになっている(ワンコは要ゲージ)。界 鬼怒川 ケーブルカー
ケーブルカーを降りると優美な中庭が目に飛び込んでくる。界 鬼怒川 中庭
この中庭は何とも良い雰囲気を創り出しており、星野リゾートらしさを存分に感じる設計となっている。ちなみに「鬼怒川」は「界」ブランドの中でも初めて0から設計を行った新築の宿でもある。だからこそ、星野リゾートらしさが存分に出ているのだろう。

ペットと泊まれる客室は?

「界 鬼怒川」にはペットと泊まれる客室が1室だけある。「界」ブランドの中もペットと泊まれる宿は唯一ここだけだ。

↓こちらが客室の入口界 鬼怒川 ペットと泊まれる客室 エントランス
ロビーに一番近い1階の角部屋がペットと泊まれる客室となっている。
界 鬼怒川 ドッグラン
アプローチの右手奥にはドッグランが付いている。界 鬼怒川 ドッグラン
↓玄関を入るとこんな感じ界 鬼怒川 ペットと泊まれる客室 玄関
↓こちらがリビング界 鬼怒川 ペットと泊まれる客室 リビング
・・・。
この間取りだとL字のソファが置かれているだけでだいぶ高級感がでると思うのだが・・・。
ゲージも「星のや軽井沢」のように、最初から設置せず希望があれば持ってくる形にした方が、部屋の広さに対する印象ももっとポジティブになっただろう。
リビングの使い方はもったいないなぁというのが正直な感想だ。

↓こちらが寝室界 鬼怒川 ペットと泊まれる客室 寝室
寝室は広々していて開放感があり、気持ちが良かった◎

↓テラス側から見るとこんな感じ界 鬼怒川 ペットと泊まれる客室 全体像

夕食は?

↓こちらが夕食界 鬼怒川 夕食
「界」の夕食は安定感がある。満足度高し。
界 鬼怒川 夕食
食事が出てくるタイミングもバッチリ!
デザートも美味しかった!

↓朝食はこんな感じ界 鬼怒川 朝食
朝食もGood!

お風呂は?

↓こちらが部屋の露天風呂界 鬼怒川 露天風呂
これが意外と気持ち良かった。ガラス越しにワンコの顔も見れてリラックスできる。
↓大浴場はこんな感じ界 鬼怒川 大浴場
露天風呂の雰囲気はいい感じ。
しかし、「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と言われるほどの泉質の良さはまったく感じられない。
温泉成分表には「Ph8.7 アルカリ性単純泉」とあったが、加水あり・加熱あり・循環ありなのでほとんど普通のお湯レベル。
泉質よりも雰囲気を楽しむべし!

ライブラリーは?

↓こちらがライブラリー界 鬼怒川 ライブラリー
中庭に向かってイスが並んでおり、ゆったりできるが良い。

ペットフレンドリー?

星のや軽井沢」や「リゾナーレ八ヶ岳」のようにワンコを人と同じように扱おうとしてくれる感じは残念ながら無い。
他のお客様の迷惑にならないようにと、ワンコはワンコとして扱われてしまうので、犬連れには結構肩身は狭い。
ロビーや中庭はもちろんペットNG。

観光スポットは?

鬼怒川温泉から一番近いお薦めの観光スポットと言えば、「東武ワールドスクエア」だ。

ワンコはカートに乗せれば入園OK!(ワンコ用のレンタルバギーもある)。界 東武ワールドスクエア レンタルバギー
46の世界遺産を含む、世界の有名建築物102点は、どれもクオリティが高く、結構盛り上がる!東武ワールドスクエア
東武ワールドスクエア
東武ワールドスクエア
↓園内にはテラス席のあるカフェもある。界 東武ワールドスクエア カフェ


ちなみに宿から東武ワールドスクエアへはタクシーで15分程(配車料込みで約1800円)。チェックインまでの観光にお薦めのスポット。

SL「大樹」

17年8月から鬼怒川温泉駅と下今市駅の間を蒸気機関車「大樹」が復興運転をしている(土日のみ)。
特に下今市駅には、機関庫や転車台、見学用のSL広場があり、「大樹」が出発する30分前にいくと、機関庫から出てくるところを見ることができる。
↓下今市駅SL広場蒸気機関車「大樹」
蒸気機関車「大樹」
構内にあるSL広場ではゲージから出してリードでワンコを連れていましたが、駅員さんたちは、ワンコと一緒に写真を撮ってくれたり、ワンコに寛容な対応。感謝!

今回の旅の目玉 世界遺産「日光東照宮」

下今市駅からレンタカーで1時間ほどいくと「日光東照宮」に行くことができる。(距離的には1時間ほどだが、駐車場渋滞で30分ほど待つことに)

「日光東照宮」は、公式ホームページに案内はないがワンコ連れで境内を散歩することができる。日光東照宮
入場券を購入し、ペットを連れて、表門(入場門)へ行くと、係りの方から「建物内は連れて入れません。リードは短く持ってくださいね」とアナウンスがあります。
↓表門をくぐり、陽明門へ向かう日光東照宮
↓こちらが「陽明門」日光東照宮
この他にも「三猿」「眠り猫」「唐門」「奥院」など見所満載。日光東照宮
ちなみに、境内には10組以上のワンコと遭遇(お行儀のよいワンちゃんばかり。大型犬とは遭遇せず)。世界遺産でありながら、ペット連れに寛容な「日光東照宮」に感謝!

なお、敷地内には「上島珈琲店」があり、外にはベンチが並んでいるのでワンコ連れでの休憩スポットとしておすすめ。

レンタカーってどうしたの?

今回のレンタカーは、「イツモレンタカー 今市バイパス店」で予約。ネットから予約画面に進むと「ペット同乗(540円)」のオプションを追加することができる。下今市駅からの送迎もあり。

「界 鬼怒川」の満足度は?

「界 鬼怒川」のレポートいかがだったでしょうか?

宿泊費は、2名・2食付きで1泊10万円。1泊10万円と言えば、「四季の蔵アジト」と金額的には同レベルですが、単純に宿の満足度で比べると「四季の蔵アジト」の方が満足度が高いです。この金額なら客室はもう少し高級感が欲しいところです。

ただ、単純に比較ができないのは、ペットに寛容な世界遺産「日光東照宮」へのアクセスの良さ。「界 鬼怒川」近くにある「絆 鬼怒川」も同じく2名・2食付きで1泊10万円程。立地の良さがプレミアム代として乗っていると考えるとこの値段の価値は十分に理解ができます。

嫁は星野リゾートらしさが存分に感じられる「界 鬼怒川」に満足だったようなので、おすすめできる宿の1つだと思います。

ちなみに、チェックアウトは12時なので、翌日もたっぷり滞在を楽しむことができます。

⇒このあと奥日光へ向かいもう1泊してきました。奥日光のレポートはこちら



ペット旅行 おすすめ記事