ザ・ペニンシュラ東京に行ってきました

ザ・ペニンシュラ東京にペットを連れて行ってきた体験を元に、宿の魅力や評価をまとめてみました。

ザ・ペニンシュラ東京の基本情報

ザ・ペニンシュラ東京
[ペット同伴]
ペット同伴可


[宿泊経験]
2019年に1泊で行ってきました

ペニンシュラ東京ドッグステイプラン

ペニンシュラ東京 外観
愛犬の誕生祝いに、ペットを連れてペニンシュラ東京へ行ってきました。

ペニンシュラ東京では、しつけがされていて、おとなしく無駄吠えをもしない15キロ以下の小型犬の宿泊が可能です。

↓ホテルの一階にはこんな看板もあります。ペニンシュラ東京 ドッグ・ステイ・プログラム

小さなパートナーもペニンシュラ・スタイルでお迎えいたします。「ドッグステイプログラム」は、お客様に特製のペットアメニティが用意され、ページとお揃いのドッグ・ユニフォームのお貸出しもございます。


予約方法は?

公式サイトや一休.comには、ペット用の宿泊プランがあるわけではなく、予約は電話しないとダメなのか?一休.comなどからは予約することはできないのか?など、ペット同伴時の予約方法がわからなかったので、ホテルへ問い合わせをしてみました。

↓回答内容(一部抜粋)

ご質問いただきましたドッグステイプランについてご案内させていただきます。


まずお部屋タイプにつきましては、ドッグ専用のお部屋を用意してはおりませんで、お好きなお部屋タイプからお選びいただけます。お部屋は一休.com様のサイトからでもご予約いただけます。

そのお部屋代金に追加してワンちゃんのご宿泊代金をご一泊21,600円お申し受けいたします。

ワンちゃんとのご宿泊は1日に承りさせていただく頭数を限らせていただいております為、お部屋が空いておりましてもワンちゃんの承りはお断りさせていただくこともございます。一休.COMなどでお部屋をご予約いただきましたら、お手数ではございますが当ホテルへワンちゃんとのご宿泊をご希望の旨をお知らせください。改めましてワンちゃんの空室状況を確認させていただきます。

また承りさせていただくワンちゃんは、15キロ以下の小型犬、おとなしい犬種であること、狂犬病等の予防接種がお済であることを条件とさえていただいております。

*レンタルケージのご利用(お部屋にはケージもしくはキャリーバッグの設置を必ずお願いしております。ご持参いただくか、1泊3,240円でお貸出ししております)

つまり、一休で予約したら、メールで予約日と氏名を送付→ペット受け入れ枠が埋まってないか確認→空き枠があれば予約確定のメールが来て予約完了、という流れです。

ペット連れ専用の客室が決まっているわけでなく、一日に受け入れるペットの数が決まっている形なので、どのタイプの客室でもペットと泊まることが可能です。

ペット宿泊費は、21,600円(ゲージレンタル代は追加で3,240円)。

通常ペット宿泊費って、無料とか3000円とかのイメージがあるかもしれませんが、ここは、子供料金的なお値段設定になっています。高いと感じるかもしれませんが、しっかりとした犬用サービスの提供があってのお値段です。詳しくは後述しますが、これだけの金額を払うだけの価値ある宿泊体験ができるので、安心してこの後もお読みください!

犬連れ宿泊レポート

↓こちらがペニンシュラ東京ペニンシュラ東京 外観
高級車でない自家用車で行くのは場違いな感じがしたので、タクシーで行きました(笑)。おかげでラグジュアリーは雰囲気の中、スムーズにロビーへ向かうことができました。

↓こちらがロビーペニンシュラ東京 ロビー
チェックイン時にはバイオリンと琴の生演奏もあり、一流感漂う、5つ星ホテルの良い感じの雰囲気!チェックインを済ませ、客室へ。

ペニンシュラ東京 ロビー
規約にも書かれていますが、なんとワンコは、館内抱っこでの移動がOK!ロビーからエレベーターに乗って客室まで、抱っこでOKなんです。普通、ワンコはキャリーケースに入れてくださいと言われるのですが、抱っこでOKって嬉しすぎる(涙)。

↓こちらが客室フロアペニンシュラ東京 フロア
エレベータから降りたフロアは、ラグジュアリー感のあるとっても良い雰囲気。気分が高まります。

↓こちらが客室ペニンシュラ東京 フロア
こちらが今回泊まる54平米デラックスルームの客室。

ペニンシュラ東京 フロア
フロアはこんな感じになっていて、このタイプは一番多いタイプの客室となっています。

↓客室中へ入るとこんな感じペニンシュラ東京 客室


↓こちらがリビングペニンシュラ東京 客室


↓反対側から見るとこんな感じペニンシュラ東京 客室
ワイドスパンの間取りのため、写真で見るよりも広く感じられ、開放感のある客室になっています。

↓こちらがベッドペニンシュラ東京 客室
シモンズ製のベッドです。

↓天井もラグジュアリー感満載ペニンシュラ東京 客室
客室のラグジュアリー感は「フォーシーズンズ京都」に負けてません。どっちが上か難しいところ。

↓ウォーキングクローゼットペニンシュラ東京 ウォーキングクローゼット
さらに超広いウォーキングクローゼット。これ超快適!!

ペットフレンドリー?

ペニンシュラ東京 客室
部屋に入ってすぐ気が付くのが、ワンコ用のクッション(ちなみに、こちらもシモンズ製です!)

ペニンシュラ東京 ペット用アメニティ
そして、ボウル。

ペニンシュラ東京 ペット用アメニティ
こちらがレンタルゲージ。半分はクッションも敷かれています!

ペニンシュラ東京 ペット用アメニティ
さらにテーブルにはおやつとおもちゃまで!

ペニンシュラ東京 ペット用アメニティ
うちのワンコが大好きなグリニーズもありました。

↓早速おもちゃで遊ぶワンコペニンシュラ東京 ペット用アメニティ


↓大興奮ペニンシュラ東京 ペット用アメニティ


ペニンシュラ東京 ペット用アメニティ
さらにお願いすると、ユニフォームも借りられます。

ペニンシュラ東京 ペット用アメニティ
しかし、サイズが合わず。。借りる前にサイズを確認すべきでした。。

↓誕生日ケーキペニンシュラ東京 ペット用アメニティ
事前にケーキについて問い合わせしてみると、カットケーキなら無料でご用意いたしますとのこと。お祝いの形だけでよかったので、カットケーキでお願いして、誕生日のお祝いをしました。(ちなみに、ちゃんとしたものを注文したい場合は3日前までに予約が必要)※ケーキはワンコ用でないです。

食事は?

ペニンシュラ東京 夕食
食事など部屋を空ける時はゲージでお留守番。ゲージにクッションあるの素敵!あと、ペニンシュラってほんと素晴らしいと思うのが、2時間までならペットを客室に残して外出してよいというルールになっているところ。ペットを客室に残して外出するのはNGになっているホテルが多いのに、2時間までならOKとしているところ、ほんと犬連れで過ごしやすく考えられていて感動です。

↓夕食ペニンシュラ東京 夕食
夕食はプランについておらず、ホテル内で済ませても良いし、銀座に繰り出すのもありな感じです。私たちは、ペニンシュラ東京に入っているヘイフンテラスにしてみましたが、夕食は銀座に繰り出すのが正解かなという感じでした。

↓朝食はこんな感じペニンシュラ東京 朝食
朝食はプランに含まれていました。美味しかったです。ちなみに通常は一人4400円。朝食が2名分(8800円分)含まれているってかなりお得だと思いました。ペニンシュラ東京 ロビー
朝食時もBGMは、ピアノの生演奏。こんなところで弾いてくれてます。

観光スポットは?

ペニンシュラは皇居と日比谷公園に隣接していて、ワンコのお散歩にぴったりの立地にあります。

↓日比谷公園をお散歩ペニンシュラ東京 散歩
ペニンシュラ東京 散歩


↓カフェペニンシュラ東京 散歩
日比谷公園内のカフェのテラスで休憩もできます

↓有名な松本楼ペニンシュラ東京 散歩
ペニンシュラ東京 散歩
ペニンシュラ東京 散歩
日比谷公園内にある洋食で有名は松本楼もテラス席はワンコOKです。週末のお昼時は行列ができます(ランチは予約不可)。以前に行ったことがありますが、とっても美味しかったです。お薦めです。

銀座にもすぐなので、銀座の街をお散歩するのもお薦めです!

スパは?

ペニンシュラ東京 スパ
プールも利用できます。が、フォーシーズンズ京都のプールのようなラグジュアリーはないので、行かなくてもよいかなって感じです。

ペニンシュラ東京の満足度は?

ペニンシュラ東京 外観
ペニンシュラ東京のレポートいかがでしたでしょうか?

数々のペットと泊まれる高級宿に泊まってきましたが、なぜ今まで、こんなにペットフレンドリーな素敵なホテルを見過ごしていたのか?何もかも他のホテルよりも上を行ってる感じです。犬同伴時のルールも、犬連れの宿泊者に寄り添った少し緩めのものになっていて、ほんと素敵です。

また、他のホテルでは、カーペットの部屋はどうしても他のワンちゃんの匂いがしてクンクンするので嫌なのですが、こちらのホテルの客室では一度もクンクンせず!清潔感がすごい!

今回一休.comの特別プランで2名1泊、6万3千円(朝食付き)、ペット代入れて8万8千円。5つ星ホテルがこの値段って絶対お得です。普通に客室だけで10万行ってもおかしくないレベルです。ちなみに同じく東京にあるラグジュアリーホテルのフォーシーズンズ丸の内は朝食なしで約9万。こちらはペット可ですが客室内でゲージから出してはダメなルールです。

私の中の「ペットと泊まれるラグジュアリーホテルランキング」で殿堂入りしている星のや軽井沢、フォーシーズンズ京都、ハイアットリージェンシー箱根に間違いなく割って入ってくるレベルです。

ちょうど1か月前にワンコ連れで泊まった「ホテル椿山荘東京」は、客室5万(朝食なし)、ペット7000円。客室ではゲージの中のみというルール。しかもゲージはバスルームに設置されているというありさまでした。
そんな経験の後だったこともあり、ペニンシュラ東京は、神に思えました(笑)。

愛犬の誕生日のお祝いなどに、5つ星のラグジュアリーホテル・ペニンシュラ東京、絶対おすすめです!!



ペット旅行 おすすめ記事